東京都千代田区神田花岡町1-1
ヨドバシAKIBAビル2F
TEL 03-3251-8414

メタルフリーセミナー

東京

2008年5月

講演

口腔内から何を読むか

東京歯科大学卒研

2009年5月

講演

長持ちするパーシャルデンチャーの考え方

東京都保険医協会

2009年6月

講演

欠損歯列の読み方と治療方針

安曇野市歯科医師会

2010年11月

講演

少数歯残存症例の咬合再構成
ーコーヌスクローネをマスターしようー

東歯大卒研

2007年10月

講演

歯科医院空間を創造する

歯界展望

2007年6月

論文

臨床歯科医のステップアップ研修(供
リスクを抱える歯列とどう向き合うか

(株)ヒョーロン

2006年3月

書籍

臨床歯科医のステップアップ研修(機
リスクを持つ歯へのアプローチ

(株)ヒョーロン

2005年10月

書籍

前後的「すれ違い咬合」に磁性アタッチメントを利用したオーバーデンチャーで対応

デンタルダイヤモンド

2005年8月

論文

診断と治療方針のコンセンサス

補綴臨床別冊

2005年5月

論文

その咬合調整量は、適切ですか?

歯界展望

2005年2月

論文

欠損歯列の診断とその対応

大阪S-G

2004年10月

講演

短縮歯列か補綴介入か

日本歯科評論社

2004年8月

論文

よきパートナー

デンタルハイジーン

2003年12月

論文

欠損歯列の診断とその対応

青森S-G

2003年8月

講演

SDPシリーズ3 歯と口の機能を回復する

医歯薬出版

2003年8月

書籍

印象採得のポイント〜クラウンブリッジの場合〜

日本歯科医師会雑誌

2003年8月

論文

ベーシック5

医歯薬出版

2003年6月

書籍

患者さんのための歯科医療を目指して

歯界展望

2002年10月〜12月

論文

知っておきたいキーワード
第二回治療の効果

歯科技工 別冊

2002年8月

論文

根分岐部病変への対応

歯界展望

2002年5月〜7月

論文

欠損歯列の診断とその対応

黎明会20周年

2002年1月

講演

臨床に出て真っ先に困ること

歯界展望

2001年11月

論文

欠損歯列における自家歯牙移植とインプラントの併用

日本歯科医師会雑誌

2001年8月

論文

レントゲンと経過観察

広島大学同窓会卒後研修

2001年2月

講演

口腔内から何を診て何を考えるか

愛知学院大学同窓会卒後研修

2000年7月

講演

被蓋が大きく早期の咬合崩壊が予測された症例への対応

歯科技工 別冊

2000年5月

論文

臨床研修の新たなる試み

歯界展望

1999年12月

論文

鮮明なマージン部を得るための個歯トレーの調整

補綴臨床

1999年11月

論文

PART3.なりたい臨床家像に近づくための自己研鑽プログラム

補綴臨床

1999年9月

論文

▲最上部へ
院長院長の業績&著書院長の時間外デスよ
TopHomeClinicTreatmentDirectorAccessLink
Copyright (C) 2005 Nojima Dental Office. All rights reserved.