東京都千代田区神田花岡町1-1
ヨドバシAKIBAビル2F
TEL 03-3251-8414

■歯周病とは

歯の周りを取り囲んでいる歯肉(歯茎)や骨に起こる病気です。その進行程度により歯肉炎と歯周炎とに分けることが出来ます。
炎症が歯肉のみの場合を歯肉炎、歯肉のみならず歯槽骨にまで波及、進行した場合を歯周炎といいます。

■主な症状

以下に示すような症状が表れます。

  • 歯肉が腫れて赤い
  • 歯肉が柔らかくブヨブヨしている
  • 歯肉から血や膿がでる
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯の位置が移動してきた
  • 歯が長くなったような気がする
  • 口臭が気になる
  • 歯がしみる
  • 歯と歯肉の間に隙間(歯周ポケット)ができる

■原因

最大の原因はプラーク(歯垢)中の細菌です。
その他歯ぎしりや咬み合わせの異常、喫煙などにより病気の進行が急速に早まったり、また治りにくくなります。

■治療の進め方

診査
初期治療

原因を除去する治療です

  • プラークコントロール(正しいブラッシング指導)
  • スケーリング(歯石除去)
  • ルートプレーニング(歯根面の汚れをとる)
  • 咬み合わせの調整
  • 暫間固定(ぐらぐらしている歯を仮にとめる)
  • 悪習癖(歯ぎしり、咬みしめ)に対する処置

再評価

初期治療によりどの程度病気が治癒したかを評価します。

歯周病外科

再評価で治癒が認められなかった部位に行います。
歯肉の小手術を行うことにより、歯周ポケットを少なくし、最近のすみかを少なくします。

メンテナンス

治療後、治癒した状態を長く維持させ、長期にわたって再発させないため、口腔や全身の健康管理をします。

■診療例

 
治療前
たくさん歯石が付き、歯肉が腫れている
  治療後
ブラッシングとスケーリングにより改善
▲最上部へ
治療について審美歯科歯周病義歯・ブリッジ予防歯科インプラント矯正歯科
TopHomeClinicTreatmentDirectorAccessLink
Copyright (C) 2005 Nojima Dental Office. All rights reserved.